Sarraceniaの溜息
書き溜めていた小説を、投稿することにしました。 楽しんでお読みいただければ、幸いです。
プロフィール

サングラスとレザーとカクテルをこよなく愛する。

Sarracenia

Author:Sarracenia
自然科学を生業としております、工学博士の深江幸三と申します。
これまで書き溜めてきた小説を、投稿サイトで公開しております。
是非お立ち寄りいただき、ご意見など頂戴できればと思います。

よろしくお願いいたします。

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々の戯れ 第10巻
ご無沙汰です。

神々の戯れ 第10巻を公開いたしました。

翔子はとうとう忠に打ち明けてしまいます。慌てた忠は、美香子と連絡をとろうとしますが……。

第10巻もよろしくお願いいたします。

ネット小説ランキング>【現代・恋愛】>神々の戯れ

小説・詩ランキング


↓↓第10巻入り口はこちら↓↓




第1巻入り口はこちら↓↓



スポンサーサイト
神々の戯れ 第9巻公開!!
「神々の戯れ」の第9巻を公開いたしました。

冥府の女神、エリーニュースに魅入られた美香子は、忠の妻翔子を喫茶店に呼び出します。思いも寄らぬ話を告げられた翔子は……。そして、美香子は忠にも女性の切り札を切ります。美香子の計算された復讐劇に晒された、忠夫妻の斬新な結婚生活は……。

ネット小説ランキング>【現代・恋愛】>神々の戯れ

小説・詩ランキング

↓↓第9巻はこちらです↓↓



↓↓第1巻はこちらです↓↓


「神々の戯れ」第8巻公開!!
どうもです。

Dream Tribeで連載中の小説「神々の戯れ」第8巻を公開いたしました。おすすめ作品にしていただいておりますし、せっかくですから読んでくださいませ。

■現代小説
■神々の戯れ
■簡単な説明(あらすじ)
 人々から忘れ去られてしまったギリシャに住まう神々は、毎年オリンポス山にあるゼウスの神殿で、収穫を祝う宴を開いていた。ある年の宴でゼウスは、酔った妻ヘラが漏らした繰言から、人間たちがゼウス同様、快楽だけを求めて無節操なセックスにふけり結婚しようとしなくなったことを知り、げんなりした。下界のゴシップに明るいヘルメスを招き寄せ、かつてゼウス自らが神罰をくだしたアンドロギュノスでさえもが結婚しようとしなくなったと聴いたゼウスは驚きながらも、ちょっとしたゲームを思いついた。
■執筆者から一言
 追い詰められた美香子は、復讐の女神エリーニュースに唆され、医師にあるまじき行為に走り始めます。彼女が自分を捨てた男に仕組んだ復讐の手口はなにか……。急転直下、忠夫婦にとんでもない難題が……。

この巻もお楽しみいただければ、幸いです。

小説・詩ランキング


↓↓第8巻↓↓



↓↓第1巻↓↓


アイリッシュパブとブリティッシュパブの違いとは?
昨日の晩、また、例の英国の外交官と飲み歩きました。前に書かなかったけれど、彼はなんと、一等書記官なのであります。自己紹介するときには、自分はスコットランド人だと言うところがまた面白い。

最初、ぼくが知っているアイリッシュパブ行って、ギネスを飲み、そのあと、その一等書記官が馴染みのバーに行ったので、結局夜中の1時まで飲み歩いてしまいました。

そこで彼にいろいろと質問をしてみました。

1 日本のパブとイギリスのパブの違いはなにか?
2 なんでビールばっかり飲んで、カクテルを飲まないの?
3 アイリッシュパブとブリティッシュパブってどうちがうの?

答え

1 イギリスのパブは食べ物は出さない。ビールだけ。(昔イギリスに行ったとき、たしかにそうだった!)
2 ビールは男の飲み物。カクテルは女性の飲み物。だから、普通、カクテルは飲まない!(ジェームス ボンドは飲んでるじゃないか???)
3 違いはない!! アイリッシュパブっていうのは、一種のブランドになっているので、ブリティッシュパブの看板をかかげている店が多いのである!!

なるほど。よくわかりました。

小説・詩ランキング


↓↓こちら、「神々の戯れ」もよろしくお願いします↓↓





















男の悲哀
普段そんなことを考えているお父さんは少ないのだろうけれど、ちょっと考えて見ていただきたいのです。

皆さん、気づいておられるでしょうか?

子供が産まれたとき、女性がその子の母親であることは確実ですが、父親がその子の実の親であるか否かについては、わからないのです。

血液型検査? この検査では、個人を特定できませんから、やっぱりわかりません。

そんなときに出てくるのが、DNA検査ということになるわけで、今ではそれを売りにしている業者様もおられるようですね。

母親にだまって、親子関係のDNA検査をせねばならない父親ってのもどうか・・・とは思いますが、現実問題として考えると、ちょっと怖いでしょ。

身に覚えのあるお父さんっているんじゃないでしょうか?

「神々の戯れ」の主人公は、そんな男のうちの一人なのです。

↓↓「神々の戯れ」第1巻はこちらです↓↓




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。